ツクール弄るのにマニュアルが手放せない管理人が、何かしら作ったり、配布したり、何もしなかったりします。
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
ダイナミックプリンmikoru
年齢:
22
性別:
非公開
誕生日:
1996/09/10
職業:
学生
趣味:
鉱物収集・物作り・ゲーム
自己紹介:
ドットを楽しむツクラーの端くれ。
構成成分:アルトネリコ・ヘタリア・刀剣乱舞・おそ松さん・キンスレ・幻クリ

Sorry, I can a little speak English.


Twitter:@mikoru3
Facebook:https://fb.me/manyuteba
P R
忍者カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



大卒の称号を手に入れた!!!




お久しぶりです。失踪してないですよ。
卒業制作を頑張っていたら、すっかり更新が遅れてしまいました。


また、何か出来たら上げる~くらいのマイペースな更新を続けまする。





とはいえ、配布できるもん本当に何も作ってないんすよね




という事で、今回は絵の話題を少し。



 ※Not Material

画像のような、超手抜きエフェクトの描き方です。

私はCLIP STUDIOで描いておりますが、レイヤー機能合成機能さえあればどのようなツールでもいけるはずです。




1, レイヤーを作り、何か良い感じになるように白を塗る。

濃く塗れる不透明水彩系がオススメ




2, 1のレイヤーの下にレイヤーを作り、任意の色を塗る。

ふんわりとしたエアブラシ系がオススメ




3, 白を透明色で削る。

両端を尖らせる感じで削るとそれっぽい




4, 任意の色の方も、同じように削る。

こっちは、白より雑に削ってもそれっぽくなる




5, 白のレイヤーの合成設定を覆い焼き or 覆い焼き(発光)にする。

眩しかったら、不透明度を下げると調整できる





6, 楽しい(✌ 'ω')✌







この描き方の強みは、透過背景でも発光して見える事!




エフェクトでお困りの皆さん、参考にどうぞ・・・。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[5] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49]
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=